プロミスのネット審査の通りやすいかどうかについての良い口コミ・悪い口コミは?

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでプロミスのキャッシングするという方法があります。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

消費者金融プロミスの金利の方が高ことが一般的です。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内に限りプロミスの借りやすいキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融のプロミスのキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

ですが、プロミスのカードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む際にはプロミスのカードローンは解約しておきましょう。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、払い戻しには請求期限があります。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

引用:http://www.iconival.com/promise/

消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?消費者金融プロミスのキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融プロミスのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されカードローンやプロミスのキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。