オリックス銀行のおまとめローンの審査が気になりませんか?

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られており銀行カードローンに使う事はできません。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンをやっている金融機関の多くはホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方がオリックス銀行ごとの金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

おまとめローンを利用する際に一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようで借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、オリックス銀行は審査が厳しいと言われていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問はおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

引用:オリックス銀行おまとめローン審査は?年収で制限?【評判口コミ】

情報サイトなら消費者金融とオリックス銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンは返済日や残高の管理がしやすくなります。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

月々の返済総額を下げたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるのでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンにも与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

埼玉りそなオリックス銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがフリーローンで対応することができます。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%低金利な上に来店不要という点も魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。