審査基準が緩いという噂があるイオン銀行住宅ローンってどう?

毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすると、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのがイオン銀行の住宅ローンです。

申し込み方法は、銀行または信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。

けれども、審査がどんな場合でもあります。

重要視される点は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

かつ、過去にお金に関するトラブルがあったかどうかも判断材料になりますから仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申し込みをした方が後々自分のためになります。

イオン銀行の住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

団体信用生命保険の内容は、世帯主に命の危険があった場合、ローンの残額が無くなる。

という保険です。

これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。

どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。

自分だけの自宅が欲しいと思ったときに銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方の参考としては、近場の金融機関を選んだり不動産屋の担当者に任せても良いですし、インターネットバンキングでも申し込みをする事ができます。

ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で必ず合格するという物でもありませんので、注意が必要です。

どんな家でもローンを組んで建てる方が多いのですが、中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。

この仕組みは、家を建てたいけど必要経費が足りない時など一時的に補う目的で借りるローンの事です。

原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。

注意しておきたいのですが、利率が高いのと日割り計算なので取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。

まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で後から負担のないように、綿密な計画を立てましょう。

住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるものです。

申し込む場合は近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし足を運べない。

という場合はネットバンクなども良いでしょう。

加えて、不動産屋と協力している銀行にする方法もありますので、都合に合わせて選べます。

申し込み後、審査が通り、実際の支払に移行した場合10年間、控除を受けることができます。

その場合年末調整では受付不可なのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があればその後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。

このような場合に備えて、抑えておくと安心です。

大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのか内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。

職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるのでまず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、マイホームを購入する際には必ずイオン銀行の住宅ローン審査をしなければいけません。

もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。

ですので、イオン銀行のなどの住宅ローンを利用される方が一般的です。

そもそも住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

銀行の住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われているようですね。

銀行住宅ローンの審査基準はとても厳しいみたいですが、その中でもイオン銀行の審査基準は緩いのではないかという口コミをみたので少し調べてみたことがありました。

なんとイオン銀行の前年度の年収は100万円から申し込みができるとのことです。

通常の銀行なら300万円といわれていますのに、これは本当に審査が緩いのではないかと喜んでしまいました。

ただ、イオン銀行に申し込みした人全て、誰でもイオン銀行住宅ローン審査に通るというわけではありません。

緩いという口コミだったら、誰でも通ると誤解する人がいますが、あくまでも比較や口コミですから、実際の審査は、イオン銀行がしっかり査定されることでしょう。

参考:イオン銀行住宅ローンの審査基準は緩い?借りやすさ【審査通るコツ】

そのほか、年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

長年の夢だったマイホームを目指してイオン銀行の住宅ローンを組んだのに、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

新しい家を購入したいけれどもそれほど余裕がない、そういった方には、安い中古物件のイオン銀行の住宅ローンはどうでしょう。

ただ、これはしっかり調べて確認しておく必要があります。

まずは返済期間が新築の場合と比べて短いという特徴があります。

理由として、年数が経過しているために安全性が問われ少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと思っていたよりも高い支払いを迫られるかもしれません。

改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせてどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。